TEIO Showroom re*blanc

sp_menu

石目模様が美しいクオーツストーン
壁付I型キッチン

「お手入れしやすい」「白いキッチン」がご要望。キッチンリフォームをご検討され海外食洗機のご見学にご来店いただきましたお客様は、各社メーカーキッチンのお手入れしやすい機能が盛り込まれた製品がある中で、最終的にオーダーキッチンをお選びいただきました。
ご自身の使い方に合ったお手入れしやすい天板を選べる。ことはオーダーキッチンならではの魅力です。
今回お選びいただきましたサイルストーンは、天然水晶を主成分としたクオーツ素材になります。そのため表面硬度が硬くキズに強く酸にも強いため、日常の液体汚れも耐性があります。
最近は天板の素材選びからオーダーキッチンを選んでいただくことも増えていますね。
毎日使うお料理の作業台は、常に視界にはいる場所になりますので、お客様目線からすると、一番お手入れに直結されてくる部分なのだと感じます。
数多くある天板の色柄選びも迷いどころではありますが、お客様のお好みのイメージに合いそうなものをご提案・採用していただきました。
天板と揃えてバックガードと窓台もサイルストーンで揃え、壁パネルも石目調を選ばれていますので空間の統一感が素敵です。
Re*blancショールームで、サイルストーン×人工大理石シンクのシームレス加工や天板の納まりをご確認され、さらには扉・天板の質感も、東京のショールームまで足を運ばれるほど、キッチンへ情熱を注いでいただきました。
機器の選定もひとつひとつ使いやすさを確認され選ばれています。なかでもガゲナウの食洗機は、ご主人様にもご好評いただいております。
吊戸棚の底板は、キッチンペーパーが取り出しやすいようにお作りしました。
薄型の照明が直接目線に入らないように、扉を長く伸ばしてお作りしたり、随所にお客様の使いやすい。につながる仕組みを盛り込んでいます。
シンク下キャビネットの底板は、ステンレスを貼付。引出の中も、手前に大きなモノを収納できるように、手前に空間ができるように内引出を設けています。
キッチンは毎日使う場所になりますので、お客様の「使いやすい。こうしたい。」を叶えられるのはオーダーキッチンの魅力になります。
「毎日がわくわくする素敵なキッチンです。」というお客様からのお言葉から、長く丁寧にご愛用していただけそうで嬉しいです。
背面の家電を収納するキャビネットも、同じ扉材で揃えてお作りしました。

実例番号
mo_120
天板
サイルストーンパールジャスミン
扉材
メラミン化粧板鏡面
取っ手ハンドル
KAWAJUN
シンク
人工大理石トクラス製
水栓
DELTA(お施主様支給品)
食洗機
GAGGENAU 60cm
レンジフード
FUJIOH ホワイト色
調理機器
お施主様支給品
壁面
ホーローパネル

Page top