TEIO Showroom re*blanc

sp_menu

緑の木々を堪能する
自然と調和したカップボード

窓からの景色を取り込むために下台のみのカップボードを設置したことで、緑の木々を存分に堪能できる空間が実現しました。大開口の窓を確保しても横幅がたっぷりあるため収納力も安心です。

お施主様がご要望された天板に合わせて、色味や樹種をセレクトした扉はキャビネット木口をブラックにしたことでシャープなラインと木目の美しさが引き立ちます。リビングからの見た目を考慮して、炊飯器など日常的に見せたくない家電はカウンター奥に収納できます。

カトラリー収納は、磁石で仕切を移動調整できるシキリナ。カラーは木目にも合うカッパー色をお選びいただきました。カトラリーや小物類がスッキリ収まるのでキッチンでの作業効率がぐんとアップします。

実例番号
Fuc_084
天板
サペリ(お施主様支給品)
扉材
ホワイトオーク板柾ランダム突板横目
その他
炊飯器収納キャビネット、3段引出、シキリナ(包丁差し、仕切パネル、仕切り板、マット)

Page top