TEIO Showroom re*blanc

sp_menu

コンクリート調の
ペニンシュラキッチン

最初のお打合わせ段階からモルタル風のインダストリアルなデザインをご所望されていたお施主様。最終的に使い勝手やお手入れの観念からカウンターはステンレスに、扉はコンクリート調のメラミン化粧板をご選定いただきお作りさせていただきました。天板は極力薄く、機器類もスクエア形状のものに統一することで、バランスよくモダンなキッチンとなりました。

扉にはモルタル風のメラミン化粧板をご採用いただきました。最近のメラミン化粧板のデザイン性、再現性の高さには目を見張るものがございます。今回ご選定いただいた柄は初めて納品させていただきましたが今後ますます人気が出そうです。ダイニング柄からみるとはほぼ凸凹のないスクエア形状のデザインに。背面は両開きとなっており、収納量も申し分ございません。余計なラインの存在感を減らすために、背面のみ手かけ式ではなくプッシュ扉を採用させていただきました。
巾木だけ色を変えブラックにしたことで、浮いたようなデザインとなっております。実は背面の巾木部分にはコンセントを設けさせていただいております。コンセントプレートに新作の薄型モデルを採用させていただいたため、使用しないときは完全に存在感を無くすことに成功しております。機器類はシンク、水栓、レインフード共にスクエア形状の物をご選定いただき統一感があります。
食洗機は大容量のミーレの60cmモデルをご採用いただきました。シンクは少しずらした位置に設置し、左端に引き出し&片開き収納を設けました。
シンクの位置を自由に配置できるのもオーダーならではの魅力。シンク下は一部オープンにし、ごみ箱スペースに。同じ扉材でカップボードもお作りさせていただきました。

実例番号
Mo_123
天板
ステンレスバイブレーション仕上げ
水栓
TOTO
食洗機
ミーレG6620SCi
IH
三菱ユーロスタイルIH
扉材
メラミン化粧板
レンジフード
アリアフィーナ サイドフェデリカ

Page top