オーダーメイド家具提案

なぜオーダーメイド家具なのか?

最近は家具の世界にも、Fast Fashion(ファストファッション)の流れがトレンド化して、安価でありながらシンプルで北欧的なデザイン家具の人気が高まっています。

そこには出来るだけコストを抑えるために材料の工夫や人件費の安いアジアで作製するといったメーカーの努力が垣間見れるのですが、コストを抑えることで家具に必要な可動部分の金物や見えない部分の簡略が数多くあり、私たちプロから見ると、いったいどの程度持つのかと疑問を感じるところがあります。

毎日居心地よく過ごす空間だからこそ、コーディネイトされたデザインやテイストだけではなく、ストレスなく末永く快適に使えるものが日々の生活の中でのゆとりを生んでくれます。

オーダーメイド家具ならデザインや1ミリ単位の寸法だけではなく、素材、色彩やテイストまで、お客様のご要望をかなえることが出来ます。
また家具本体をキチンと壁などに固定をすることで、震災などもしもの時にも安心です。



CONCEPT1 隠す収納から、魅せる収納へ

ライフスタイルは十人十色。私たちが快適に生活する上で収納は欠かせません。

お客様との適切なコミュニケーションから、そのライフスタイルにマッチした家具のご提案をいたします。

キッチン同様、収納も隠す収納から魅せる収納に。
リビングボードやキッチンのカップボード(食器棚)、寝室のクローゼットなど、使い勝ってだけでなく部屋のテイストに合わせたコーディネートをご提案いたします。

打合せから、デザイン~設計~製作~取付けまで一貫したワンストップの責任体制で安心です。


CONCEPT2 見えない部分へのコダワリ

見た目の美しさやデザインはもちろん大切ですが、毎日の「使い心地」を左右するのは家具の可動部分をつかさどる「金物」です。

たとえば、自動車で言えば乗り心地に影響する「サスペンション」にあたります。

家具では、引出しレールや扉の兆番など外観からは見えない部分ですが、スーッと気持ちよく閉まる引き出しや軽やかに開く金物など、そんな細部にまでリブランでは常に探究心を持ってものづくりに取り組んでいます。




CONCEPT3 素地感を大切に

スローライフやエコ、ナチュラルがライフスタイルのキーワードになっています。

インテリアのテイストも居心地や風合いを大切にしたテイストが見直されつつあります。

最近の国際家具見本市Milano Salone(ミラノサローネ)でのトレンドも「素地感」がひとつのトレンドになってきました。

『ゆっくりと心地よく過ごせる空間に溶け込む』、そんな家具作りのお手伝いをしたいと願っております。


CONCEPT4 熟練の職人たちによる手仕事

大手メーカーでは製造ラインにのって、分刻みでものづくりが進められております。

効率化が必須の現代ですからそれを否定するわけではありませんが、リブランでは熟練の職人たちが一点一点心をこめてオーダーメイドで作製をしております。

時間が掛かってしまうこともありますが、毎日使うものだからこそ愛着があり、家族とともに成長していける、そんな家具をご提案します。

住宅の中でも限られた小空間で、トイレ空間そのものをゆっくりとリラックスできるような快適提案をいたします。


お客様にオーダーメイドの心地よい生活空間を提案いたします。