TEIO Showroom re*blanc

sp_menu
新着情報

新着情報Whatsnew

こんにちは!リブランショールームスタッフです。
ミーレの洗濯乾燥機「WT1」(WTH120WPM)でシャツを洗ってみました。


20180223_rdax_673x378.png


洗濯前がこちら!

s-ビフォー.jpg


コットンのシャツなので元々ピシッとしたデザインではないとはいえ、
しわっしわのよれっよれでした笑

お洗濯前にまずは洗濯タグをチェックします。

s-洗濯タグ.jpg


一番左側の記号は洗い桶のマークです。これは洗濯機で洗えることを意味します。
中の数字が最高温度、下にラインがあるものは優しく洗ってね、という意味になります。
もっと詳しくお知りになりたい方はこちら。

そのため今回はミニマムアイロンモードを選択してみました。

乾燥までさせたいので、洗濯(Washing)と乾燥(Drying)を両方選択します。


s-洗濯モード.jpg

WT1はボタン1つで洗剤を自動投入してくれるツインドス機能が付いていて便利です。
TwinDosボタンを押して、汚れ具合と洗剤の種類を選択。
今回は汚れ具合MAX、洗剤は色柄物を選択しました。


スタート!
出来上がったところ、乾燥が弱かったので、もう一度同じミニマムアイロンモードで
乾燥だけかけました。
洗濯乾燥機は洋服をたくさん入れた方が乾燥しやすいそうです。
今回は実験で1枚だけだったので、普段のお洗濯ではもっと入れられると
思うので大丈夫だと思います♪
ちなみに少ない枚数で乾燥させたいケースが多い場合は、洗濯乾燥機よりも
洗濯機と乾燥機を別々に購入される方がおすすめです。

洗いあがりがこちら!

s-アフター.jpg

汚れ落ちもさることながら、しわやよれがなくなっていて
びっくりしました!
これなら洗濯乾燥機から出してそのまま着られますね!

あと写真ではお伝え出来ないのですが、ミーレのツインドスの洗剤もものすごく
良い匂いで癒されます~。

ミーレの洗濯機は、洋服の汚れを落としてくれるのはもちろん、
洋服のダメージを極限まで減らしてくれるのが魅力です。
クリーニングに出さなくてもご自宅で洗濯できるものが増えるので、
お洗濯がどんどん楽しくなるランドリー機器になります。

リブランショールームで実機がご覧いただけますので、ご新築や入れ替えなどで
ミーレのランドリー機器をご検討のお客様はぜひショールームへ
足をお運びください。

Page top