TEIO Showroom re*blanc

sp_menu
イベント情報

イベント情報Event

こんにちは!
テイオー産業リブランスタッフです。

リブランのショールームについに
ミーレの25周年モデルが入荷致しました♪


ミーレ 25周年モデル

こちらの食洗機は、昨年ミーレが日本に上陸して25周年という
節目の年だったことを記念し限定販売された特別モデルになります。

魅力的なのはそのお値段キラキラ
なんと60㎝幅でステンレスの操作パネルが付いて25万円(税抜)になりますキラキラ
(G4920SCi)

こちらの金額は海外製の60㎝幅の食洗機で最もお求めやすい
モデルになります。
国産の食洗機も今は20万円以上するモデルが多いので、それと
それほど変わらない価格で倍以上の食器が洗える海外製の
食洗機が手に入れる事ができますハート

こちらのモデルは本当は昨年末までの限定モデルだったのですが、
あまりの反響で販売期間が今年いっぱいまで延長となりました。

ミーレの通常のモデルと何が違うの??というご質問をよくいただくので、
今回はその違いをご紹介いたします。


花通常モデルとの違いその1花
バスケットの形状が違います。



バスケットは他と同じ3段です。スプレーアームもちゃんと3つついているので、
ミーレの「綺麗に、優しく洗う」というモットーはしっかりと守られています。
センサーウォッシュや高温モードなど、よく使用するモードは
問題なく付いています。


25周年モデルバスケット

ではどこが違うかと言いますと、
↓がミーレの食洗機の通常モデルになります。

ミーレ食洗機通常モデル


可動式の棚が付いておりまして、そこにグラスを引っかけたり、棚の上にも
小皿が置ける仕様となっております。


↓が25周年モデルになります。
ミーレ25周年バスケット 

その棚はついておらずかなりシンプルな作りに。
ワインをよく飲まれる方は通常モデルにされた方が安心かもしれませんね。



花通常モデルとの違いその2花
カトラリートレーのデザインが変わります



↓が通常モデルになります。
ミーレ3Dカトラリートレー

ミーレのカトラリートレーは3Dになっており、真ん中のトレーの高さを変えたり、
左右のトレーが動かせるようになっております。
そのため包丁やお玉など少し背の高い調理器具も、用途に応じて
入れる事ができます。


↓が25周年モデルのカトラリートレーです。
カトラリートレー

トレーが固定式になります。
ただ中央は他よりも深くなっているので、お玉なども収納できるようになっていますニコニコ

そして一番の違いがこちら!


花通常モデルとの違いその3花
オートオープン乾燥機能がつかなくなります



ミーレの60㎝の通常モデルには洗浄が完了した後に、
扉が自動的に少しだけ開いて乾燥を
促進してくれるオートオープン乾燥機能が標準でついてきます。
25周年モデルにはそれがないので、洗浄後にご自身で扉を少し開けて
いただくか、洗いあがったお皿は多少拭きながらしまっていただく必要が
ございます。


ミーレの通常モデルのエントリーモデル(G6620)の定価は操作パネルがホワイトの物が31万円、
ステンレスの物が34万円なので、6万円もしくは9万円の価格差がございます。
上記の3つの違いが気にならなければ、25周年モデルはかなりお値打ちなモデルとなりますキラキラ

ちなみにリブランは西部地区唯一のミーレのアフターサービス店となっておりますので、
ご購入後も安心してお使いいただけます。

ショールームで実機がご覧いただけますので、お得なこの機会にぜひ
海外製の食洗機の魅力に触れてみてください。

海外製の食洗機の詳細はこちら

Page top